FC2ブログ

Home > SONY-α7RⅢ Archive

SONY-α7RⅢ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

■ 旅の終わり (ブルージュにて)

  • Posted by: photospace.info
  • 2018-07-02 Mon 03:06:31
  • SONY-α7RⅢ
6月の9日(土)に日本を出国して約3週間。最後は、自分にとっての本拠地パリでこの旅の終わりを迎えました。

最初の2週間は、今回の旅の目的地クロアチアを目指してドイツのケルン、ベルリン、ミュンヘンと過去に行ったことのなかった地点を経由し、戻りのクロアチアからパリまでの経路はイタリアのバーリにフェリーで渡り、ミラノ経由で陸路パリに戻りました。

こうした経験は、いつか同じようにヨーロッパ大好きな写真愛好家の方々に何かお力沿できる活動に繋げていけたらと考えております。

ここヨーロッパ地域内では高速列車で2時間も走ると他国へとつながり、言語も文化もガラリト変わります。今回は鉄道の旅ゆえ、あらためて、このあたりまえの現実を体感した旅でした。

多くの他民族の方々が暮らすこうした地域では、街で、電車で、宿で、日々、そうした環境の中では私自信、アジア系・黄色人種としての目には見えない差別感はそれなりに過去に経験はいくつもあります。

今回も同じ空間を共有していると、その感覚は現実化しますし、昔のようなアジア系の中でもJapaneseはスルーのような雰囲気は感じられません。
あくまで経験未熟な私の主観ですが、こうしたところでも昨今の国際的な日本の立ち位置が不透明になってきている現われなのかもしれません。

一方、言葉は通じなくても困ったときは、しっかり目と目を合わせて意思疎通しようとすると、必ず相手も優しく応えてくれます。心を開くこのちょっとした大切な心得をこの3週間の旅が教えてくれました。

この旅で良い写真が撮れたかどうか・・・、それは片隅に置かせていただき、60歳の還暦の節目として、意味の旅たったと感じております!!

昨日、パリから列車で2時間ほどのブルージュをハードに歩いてしまい、左膝が悲鳴をあげ歩行がおぼつかない状況に躊躇してますが、元気に帰国にいたします!


SONY-α7RⅢ(Bourgesにて)


Index of all entries

Home > SONY-α7RⅢ Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。