FC2ブログ

Home > FinePix F100fd Archive

FinePix F100fd Archive

お魚ちゃん。

3年ぶりに渓流つり。
週末は写真展の準備に時間を割いていたのだが、我慢しきれず、一路美笛へ。

午後の夕方近くのフィールド入り。
先客の車は2台ほどだったが、人影は見えず。

今回は、ちょっとお魚ちゃんと戯れる程度のお気軽気分なので、
余り深入りせず2時間ほどの釣りタイム。

いました、いました。
最初はウグイの連発でしたが、しだいにファイターのニジマスちゃん。
18cmほどの小さい割りに元気なヤツを4匹。

帰り際には、26cmの型の良いヤツが掛かってくれました。

何とも、癒されました。

また、1週間がんばれそうです。



DSCF8070_convert_20130623234825.jpg
FinePix F100fd




DSCF8079_convert_20130623234939.jpg
FinePix F100fd


FinePix F100fd

3.11 あれから1年

2011年3月11日14:46、この時刻、出張で盛岡市内にいた。
今だかつて経験したことのない揺れ。
避難後、間もなく襲ってきた余震でも地面が大きく左右に移動していた。
しばらく、酔った感覚が消えなかった。

向かっていた花巻空港は閉鎖。
東北地方一体は停電。ホテルも閉鎖。

間もなく、日も暮れ、真っ暗なコンビニではあっという間に食料、水、電池は尽きて、皆、携帯電話の明かりを頼りに売れ残った商品を探っていた。

幸い、11日の夜は手配していたバスで暖をとることができたが、眠れぬ夜を過ごした。
写真は、盛岡市郊外で朝を迎えたバスの中の光景。

バスの運転士さんが家で炊き出しをしておにぎりを差し入れてくれた。ありがたかった。
バスはこの後、秋田空港、新潟空港へとさまようことに・・・。

このときの教訓。
地震後、あっという間に「水」「食料」そして「トイレ」の確保が問題となった。
そして、夜の照明。コンビニのトイレも真っ暗な中、携帯電話の明かりを頼りに便器の位置を確認。
とは言っても、携帯電話のバッテリーも周囲の方々を含め、ほぼ同時期になくなっていた。

以来、財布の中には100円ショップで購入したLEDのミニランプを入れて持ち歩いている。

自分の体験など、現地の方々の苦悩とは比較にならないわけだけど、この1年を迎え、あまりに状況が変わっていないことに何とも切なさだけが残る。

まだまだ、余震への備えが必要だと感じる。



2011.3.12早朝(FUJI f100)

DSCF5118_convert_20120311160503.jpg
2011.3.12早朝(FUJI f100) 一晩過ごしたバスの窓から




30年間の封印を解く-FUJI S690 プロフェショナル

東京での4年間の大学生活を終え、梱包した引き伸ばし機、愛機の「FUJI S690 プロフェショナル」。

30年ぶりに物置から開放し、新鮮な空気を与えた。

しばらく、塩漬けとなっていたので、どんな姿で発掘できるかとても心配だったけど、
保存状況バッチリで、引き伸ばしレンズもカビなし、引き伸ばし機も問題なさそう。

コンデンサーは、ちょっとカビらしき後があるけど、ゆっくり対処します。

東京へは写真をやりに出ると、中学2年で離れて生活していた両親に伝えた。
写真の仕事には就けなかったけど、夢を捨てることはなかった。

この6年間、デジタルプリントでファインプリントに挑戦してきた。
まだまだ、デジタルの世界でも追い込む課題はいくらでもある。

でも。ここで一区切り。
こだわりはないけれど、再び、フィルムの世界で、今のデジタルプリントの質感を再確認
してみようとも思う。

暗室用品の一つ一つの部材に手を掛けるたびに、昔の感触を思い出す。

まずは、フィルム現像のリール巻きから。
忘れていた感覚を呼び戻そう。

さすが、ステンレス。LPLのタンク、腐食することなく、上蓋の噛み合わせの感触に身震いする。



思ったより保存状況がよく、ホットした。いざ姿を拝むと早くためしてみたくなる。
まずは、フィルム現像、「フィルムづくり」が重要ですね・・・・・。
DSCF5745_convert_20111103214106.jpg

東京は梅雨模様

27日、28日と久々に東京に行ってきました。
目的は、写真家大橋英児さんの写真展を見ること、ギャラリー周り、EIZOのセミナー参加です。

滞在中の東京は、すっかり梅雨模様。傘を離されませんでした。

27日は六本木ミッドタウンの富士フォトサロン、目黒のギャラリーコスモス、恵比寿の東京写真美術館、広尾のEMON、そして大橋さんの「Roadside lights」~路傍の灯を開催中のインスタイル・フォトグラフィ・センター(I.P.C)。

大橋さんは現在、自動販売機をモチーフとして北海道の稚内から沖縄まで舞台とした作品づくりを行っており、7月には地元の札幌でも個展が開催されます。
7/5-17 コンチネンタルギャラリー
     札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビルB1 (011)-221-8511
     お問合せ 090-9756-2731(大橋氏)

28日は、新宿のepsite、ペンタックスフォーラム、新宿ニコンサロン、コニカミノルタプラザ、新宿眼科画廊、神田のCORSO(休み)を回り、銀座ではEIZOでセミナー参加、銀座ニコンサロン、リコーのRING CUBEを回り、最後は神田界隈で写真集をあさり、羽田空港へ直行。

かなり強行軍で周りましたが、ギャラリーの傾向やコンセプトの違いなども伝わってきますし、土門拳文化賞受賞された市川恵美さんとも会話できたり、良い2日間でした。

でも、ちょっと疲れた~。

DSCF5519_convert_20110529182858.jpg
雨の銀座でした


DSCF5502_convert_20110529182950.jpg
大橋英児さんの写真展「Roadside lights」~路傍の灯

DSCF5521-1_convert_20110529213837.jpg
神田の書店





鉄輪温泉(別府)

先週の13日(水)から九州の福岡へ出張。
仕事終了後、初めて別府に行ってみた。

温泉街に至る所から湧き上がる蒸気。
ライトアップされた蒸気は、ちょっと異次元の世界をかもしだす。

ここでは、この温泉熱が料理の源にもなっている。
火山の噴火はやっかいだけど、こうした自然の恩恵とうまく付き合う人の智恵。
足元見れば、我が家にもこんなお宝を発見できるかも・・・・・・。



 FinePix F100fd


Index of all entries

Home > FinePix F100fd Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top